プッシュアップ超入門 ミニ

日報

結論
・システマのプッシュアップは筋トレではないよ!
・脱力することとリラックスは違うよ!
・リラックスしながら運動すると自由があるよ!

システマのリラックスとプッシュアップについて説明するために、こんな動画を撮影してみました。画像を使いながら説明してみたいと思います。

緊張してプッシュアップする

画像1

プッシュアップ、日本語でいうと腕立て伏せ。腕などを鍛える筋力トレーニングの一種です。

動画ではぐっと腕を緊張させて、機械のようにガシッガシッと体を上下させています。(正直、誇張しすぎました…。)

システマのプッシュアップはこのように腕を緊張させて、腕の筋力を鍛えることを目的にはしていません。もちろん、結果的に腕に筋肉がつくことはあります。

このように緊張を使って体を動かすと、疲労が溜まったり、体を痛めてしまうことがあります。これは健康的ではありません。また、体の柔らかさや動きの自由度が失われます。

リラックス≠脱力

画像2

日本で一般的にリラックスというと脱力してのんびりだらだらしているイメージがあります。

腕を緊張させてはいけないから、といって逆に力を抜きすぎてしまうと何も運動ができなくなってしまいます。緊張と一緒にパワーも失われているからです。

緊張でガチガチに固めてしまうよりはいいかもしれませんが、これでは何も動くことができません。

システマでは、リラックス=脱力ではないのです。

パワーあるリラックスをつかう

画像3

最後にやっているのはパワーあるリラックスを使ったプッシュアップです。

筋肉をガチガチに固めて体を動かしているのではないので、ゆっくり動かしてもプッシュアップをすることができます。やわらかく体を動かしているので、動きの中に自由度が失われていません。

緊張をなくしてリラックスすることで得られたパワーを使っているといえます。老化して筋肉が失われても、このプッシュアップはできます。

健康パワーをつかう

体をガチガチに固めて、緊張で動こうとするのは心身に悪い影響を与えます。姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなり、動きが鈍くなり、思考の柔軟性も失われます。

では、そんな体に悪い緊張を全てなくしてしまうとどうなるでしょうか。確かに体をガチガチに固めていた時よりは健康といえるかもしれません。しかし、完全に脱力しきってしまうと、運動をするパワーが失われてしまいます

システマでは緊張をなくしてリラックスしたことで得られるパワーを、健康なまま使うことを目的としてトレーニングをしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました