子どもの遊び、大人の遊び

今日の練習

10月29日のシステマ岡山の練習は、手の上に棒を立てたり、人の上でローリングをしたりしました。

手の上に棒を立てる。やったことがあるでしょうか。今の子どもはやったことがあるかな?

これはほうきがぐらぐら揺れるのに合わせて身体を動かします。

足を踏ん張って、身体を固めると長続きしません。呼吸してリラックスしてほうきに合わせる必要があります。

人の上でやるローリングもそうですが、システマは子どもの遊び、大人の遊びだと思います。

一応、ジャンルとしては武術になるのですが、身体全体を使う、よりよく動くには子どもの遊びにヒントがあるように思います。

子どもが思いっきり身体を動かして遊びながら能力を育てていくように、大人になってからも遊べる場になればいいな、と思っています。


参加した方の感想です。

プッシュアンドムーブで立ち方を変えたら、軽く動けた。また、持っているナイフの先端を意識して動かすと楽に動かせるようになった。

「軸が棒にある」という意味が最初は分からなかったけれど、棒を立てる練習で何となくわかった。それからナイフで動きの方向性を出すというのがワークショップよりもつかめた気がする。

created by Rinker
¥3,630(2022/12/09 09:47:33時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました